上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
国立西洋美術館は今年で開館50周年。 オメデトー!

seiyo1.jpg
コルビジェが基本設計を手がけ、その弟子である坂倉準三らが形にしたこの建物は、
2007年には国の重要文化財に指定されている。

西洋美術館を含むコルビジェ建築を世界遺産に!と日仏で盛り上がっていたようだけど、今年はあっさり却下されましたな。東京でオリンピックを!ってのと展開が似てるね。


「ローマ帝国」を堪能した後、あまり時間がなかったので常設展をさくっと見ようかなーーーと思ったら、、、、すごい数で驚いた。東京の美術館の常設展ってスゴイ!

じっくり見る気力も時間もないので早々にあきらめて流し見してみた。

なんとこちらの常設展、個人撮影OKらしいんだけど、よそからの借り物はNG。
いちいち確認するのも面倒なので、基本は「建物探訪」モードで。。。
seiyo-2.jpg
左は常設展の入り口部分で「19世紀ホール」と呼ばれている空間。
吹き抜けで上からロダンの作品を見下ろせる。
右は中庭。うつくしー。

円形の照明がモダンだ。50年前のデザインとは思えないねえ。 (・・・って、最近のものだったりして)
seiyo3.jpg
階段を登った左上の明るい部屋はかつて「館長室」だったらしい。
今は階段も立ち入り禁止だし、館長室もライティングの役割しかないけど。
あの階段に登ってみたくて仕方なかった。

近代美術も充実してて、かなり圧倒された。
seiyo4.jpg

ここの常設展は旧川造船所の初代社長、松方幸次郎が私財を投じて集めた「松方コレクション」がもとになっている・・・という話は有名だけど、実はもともと松方氏が集めたコレクションはもっともっと沢山あったということを今知った。

松方コレクションはイギリス、フランス、日本の3カ国で保管されていて、松方氏は日本に西洋美術館を作ろうと構想を練っていたんだけど、1927年の大恐慌で会社が経営破たん。国内のコレクションは散逸してしまい、さらにロンドンで作品を保管していた倉庫が火災にあって焼失したりと、踏んだり蹴ったり。唯一、パリに保管されていた作品はナチスの押収を免れたものの、結局はフランス政府に国有化されてしまう。戦後、吉田茂内閣による粘り強い返還交渉の末、1951年のサンフランシスコ講和会議で返還されることが決まった。

これでメデタシメデタシ・・・かと思いきや、フランス政府はゴッホやゴーギャン、ルノアールなどのフランスにとっても重要度の高い20点の作品については、返還を拒否。あげく、「これは『返還』ではなく『寄贈』だ」とフランスが主張したため、「寄贈返還」という妙ちきりんな言葉で返還された。
このとき、フランス側が返還の条件として出したのが「松方コレクションを収蔵するための美術館を設立すること」。 これが国立西洋美術館の建設のきっかけとなった。

しかし、あまりにもひどい話だ。
そもそも、松方コレクションは松方氏が私財を投じて集めたもの。
日本の国有財産は連合国が没収するけど、個人の財産はその持ち主に返還するというのがサンフランシスコ平和条約の取り決めだった。
これを無視してぶん取った20点もの作品をルーブルやオルセーに飾り、もとの持ち主に返すものを「プレゼントだ」などと言ってのけるだなんて、泥棒にしても厚かましすぎやしないか?

国立西洋美術館の設計をフランス人建築家であるル・コルビジェに決定するにあたっては、フランスとの返還交渉を少しでも有利に進めたい日本政府の思惑が働いたという側面もあるそうだ。

それでも、西洋美術館の建設自体はいいことだったと思うし、こうした背景がコルビジェのグランドデザインの良さを損なうことはないのだけど。


とまぁ、国が美術館ひとつ建てても惜しくないほどの松方コレクション。
ところが松方幸次郎氏自身はそれほ芸術への造詣が深かったわけではないそうだ。
興味本位で絵画を購入したら、なんとなくハマってしまって、気がついたら収集しまくっていた・・・だなんて、なんだか男子っぽい収集癖ともとれそうな話。
画商や周囲がすすめるままに買ったのでコレクションに偏りがなく、結果的に「国立西洋美術館」の名に恥じない作品群になっているそうだ。

ご本人的には、「気がついたら『ノブレス・オブリージュ』やっちゃってた」ってかんじなのかしら?(笑)



コルビジェ建築を見に西洋美術館に行こうという人向けに、簡単なパンフレットが用意されているので、これをもらってから常設展を鑑賞するとよいです。
seiyo-5.jpg
ちなみに、ミュージアムショップはかなり残念な出来。。。。
ロダンの「考える人」手ぬぐいも、いまいちピリッとしなかった。
もう少し頑張ってほしいなぁ。
上野の西洋美術館に「古代ローマ帝国の遺産-栄光の都ローマと悲劇の街ポンペイ」を見に行った。

roma.jpg


意外と展示物が少ない気もしたけど、フレスコ画とCGで古代のポンペイを再現したムービーがなかなかよい出来で美しかった。
以前、ドキュメンタリーでポンペイ消滅の日を再現したのを放送してて、あれはあれで面白かったけど、ポンペイを「悲劇の都市」ではない形で再現していた点が新鮮。

私はどちらかというと帝政ローマよりも、共和政ローマの時代の方が好きで、スキピオ・アフリカヌスなんてマイヒーローと言っても過言ではありません。

カエサル後の帝国はちょい混迷気味でいただけない部分もありますが、それでもローマ人は日本人がシンパシーを感じるポイントをいっぱい持っているなぁーとしみじみ思った。
バランス感覚とか、質実剛健さ、風呂好きなところも。(笑)

そういう意味で最も印象に残ったのが、金箔が貼られた足の彫刻(足しか残ってなかった)。
これ、もともとはキンキラキンだったのが、経年劣化で金箔が剥げたのかと思ったら、どうもわざわざ傷をつけて華美にならないように加工していたらしい。
渋いことするやん!と感心してしまいました。

12月13日まで開催中。
遠方の人はこの企画展だけじゃなくて、上野タウンアートミュージアムとか、何か他のイベントとセットで行くのをおすすめします。
神楽坂でもういっちょ。

チーズ専門店の「アルパージュ」は、さすが「東京のフランス」神楽坂!と言いたくなるような店。

そのへんのデパ地下顔負けの品揃えで、かなりレアなものもある。

量り売りだけでも20~30種類くらい?あとは1/2カットもある。

チーズ以外にも枝つきレーズンなどのドライフルーツや、クラッカー、ドライトマト、ワイン、シードルなどなど、「この場で一杯飲ませて!」と言いたくなるような品揃え。(笑)
alpage-2.jpg

「カイーノ」のジャムまで置いてあるのは、マニア的にツボではないだろうか。

あと、こちらの名物のひとつが「モッツアレラチーズの味噌漬け」というやつで、これがめちゃウマらしいんだけど、この日はチーズが入荷しなかったとかで、置いてなかった。。。

チーズの試食イベントなんかもやってるみたいなんで、今度行ってみようーっと。



チーズ専門店 アルパージュ Alpage

東京都新宿区神楽坂6-22
03-5225-3315
営業時間:11:00~20:00 11:00~19:00 (日祝)
定休日:不定休
以前、友人と神楽坂をめぐったとき、どうしても見つけられなかった店がある。

生活雑貨の店、jokogumo(よこぐも)だ。

かなりみっちり、ねっとり探したつもりなのに見つからなかったので、今回も無理だろうなと思っていたら、、、、あっさり見つかった。(笑)

確かに地図どおり、白銀公園のほぼ向かい側にある。でもわかりにくい。
確かに、このたたずまいでは仕方ないかも。。。。
jokogumo1.jpg

店内はめちゃくちゃ狭い。もとい、小ぢんまりしています。
4畳半くらい?いや、さすがにもう少しあるかな・・・?という程度。

籠やザルがやたら多かったようにも思うけど、作家モノのうつわなどもいろいろ置いてあって、なかなか素敵な品ぞろえ。
jokogumo2.jpg

この店、週に3日くらいしか開いてないので、興味がある人は狙って行くか、「開いてたらラッキー」程度で探してみましょう。

小さい店なので(しつこい)、かなり商品の入れ替えも頻繁らしい。
場所もわかったことだし、(開いてれば)また来ようっと。



よこぐも jokogumo

新宿区神楽坂6-22
03-5228-3997
営業時間:12:00~18:30
定休日: というか、営業日はHPで要確認

神楽坂をフラフラと歩いていたら、クジラと遭遇した。

taiyo-records1.jpg

あ、ここが噂の大洋レコードの移転先なのか。

この2年ほどで完全にiTunesに篭絡され、音楽をオフラインで買うということをほとんどしなくなってしまったけど、たまにはいっかと入ってみた。

ブラジルやらアルゼンチンのボッサやラテンポップが中心で、明るい音楽が多い。
あとはタンゴ、昭和のラテン歌謡などなど。
※オンラインに見取り図があります。最初にこれを見ればよかった。

店の中もいいかんじ。
taiyo-records2.jpg

ここんところ、某友人の影響でエレクトリックな音楽ばっかり聴いていたので、「Jazzanovaとか、Gotan Projectとか、あのへんに近いのはありますか?」ときくと、「いえ、うちはそういうエレクトリックなのはありません」とキッパリ言われた。

「んじゃ、夏っぽくないボッサジャズで何かオススメを・・・」と言うと、Delicatessenという人たち?のCDをかけてくれた。
ちなみに店内に置いてあるCDは何でも試聴できるらしい。スバラシー!

いまHPを見てたら、こんなことが書いてあった。

"ポリシーとしましては、美しくたおやかな歌、ポップな発想、
ルーツ音楽と新たなアイディアの絶妙なマッチング。
何かしら人の心を動かすものがあるものを日本へ紹介しようというものです。"


にゃるほど。 ならエレクトリックはナシだよね。
とにかく脱力&リラックス系の音楽がいっぱい。夏に来たら、すごい散財してただろうなぁ・・・と思いつつ、すすめられたDelicatessenを購入。スリーピングタイムの音楽にグッドです。

結構わかりにくい場所なのに、次々に「この店目当て」な人達が入ってきてた。
大抵の音楽はオンラインで買えちゃう昨今、敢えて行くならこういう店だよなぁ。。。


あ、「大洋レコード」ですが、LP盤は置いてませんので悪しからず。



大洋レコード

東京都新宿区矢来町162
03-3235-8825
営業時間:月・火/木・金:12:00~20:00  土日祝:12:00~19:00
定休日:水・第三日曜
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。