上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
東京に来てから急に観るようになったテレビ番組は「出没!アド街ック天国」かも。
やっぱオノボリなんで、ローカルな街ガイド番組が面白いのです。

なのにチャンネルの存在すら知らなかったのが東京都のローカルテレビ局、
東京メトロポリタンテレビ(通称"TOKYO MX")。(YouTubeチャンネルはこちら

このTOKYO MXがイイ!
何がイイってローカル放送局としてのスタンスがイイ。

まず、21時以降にやってる番組にしかお金をかける気がなくて、それ以外の時間は東京都ローカルニュース番組や都知事の定例会見、競馬中継など、「観たい人だけ観てね」という編成。
そもそも自社制作の番組自体が少ない。

21時以降の番組にしても、東京キー局の深夜番組程度しか予算がないのでしょう。
間違ってもジャ○ーズのタレントなんて出てこないし、どれも低予算番組であることは明らか。
でも、「テレビ番組はタレントじゃなくてコンテンツなんだ」と思わせる魅力がある。

具体的に、どんな番組が面白いのかというと・・・

「博士の異常な鼎談」
hakase.jpg

水道橋博士と宮崎哲弥のトーク番組。
ホリエモン、日テレの土屋氏、吉田豪などなど、キー局では少し扱いに困りそうな人を呼んで、政治からサブカルまで、幅広いテーマでトークを繰り広げる。ちなみに、この番組の製作はMXじゃなくてソニーミュージックエンターテイメント。もともとネットで配信してた番組をテレビに持ってきたという異色の背景があったりする。
過去の放送は今のところほとんどYouTubeで観れます。おすすめの回は、町山智浩、西寺豪太あたりかな。デーブ・スペクターもなかなかぶっちゃけトークで面白かった。


「松嶋×町山 未公開映画を観るTV」

mikoukaimovie.jpg

オセロの松嶋と町山智浩(映画評論家、アメリカ本が売れてる人)が日本未公開の海外ドキュメンタリー映画を紹介する番組。
ステロイド問題、アーミッシュ、ウォルマート・・・まさに「まったく、アメリカってやつは!!」と言いたくなるようなドキュメンタリーばっかり。町山智浩の適格な解説とオセロ松嶋の素直な感想がいいかんじのバランスで面白い。この番組で松嶋がかなり好きになってしまった。


「ザ・ゴールデンアワー」
goldenhour.jpg

徳光和夫の息子、徳光正行が司会の情報バラエティ。
世界各国の外国人パネラー(もちろん素人)が日替わりで何人か出演していて、生活系のニュースについてコメントしたり、自分の国のおすすめ料理を紹介したりする。
各国入り乱れているので、政治ネタを扱わないところがミソ。(笑)

このあたりが私的ベスト3かな。

他にも・・・

「ほぼ1見ちゃう動画TV」
hobo.jpg
電気グルーブのピエール瀧と放送作家の倉本美津留がパーソナリティの動画紹介番組。
この2人を楽しませるというコンセプトで視聴者から動画の投稿を募っている。
けっこう本気でクリエイター発掘しようとしてるっぽい。


「偉人の来る部屋」
ijin.jpg

10月から始まったばかりの歴史バラエティー番組で、ラーメンズの片桐と女性タレントがトーク番組の司会者に扮して歴史上の偉人を20分だけ呼び寄せてインタビューするという設定。
NHKでやってそうな番組で、切り口的には面白いけど、まだまだこれからってかんじかなぁ。


あと、アニメも多い。詳しくないのでよくわからないけど。
ついでに言うと、「西部邁ゼミナール -戦後タブーをけっとばせ-」という、時流には乗りそうにない保守番組もやってる。「時事放談」の現代系か!?

なんだか回し者のようですが(笑)、ここんところテレビ番組のつまらなさに辟易していたところなので、こういうエッジのきいた番組が貴重だなーと思う次第です。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tokiowalker.blog24.fc2.com/tb.php/137-124beefb
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。