上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
切手の博物館で長居してしまい、かなり早足でランチへ。

ぎんきょう」は目白のメインストリートからちょっと入った住宅街の中にあるフレンチのお店。

建物に特徴があるので、すぐたどり着けると思ってたけど、甘かった。
けっこう迷って到着。

モダンな蔵みたいな外観。ぱっと見、ギャラリーにしか見えないなぁ。
レストランウエディング向きな店だわ。

外観のモダンさと比べると、内装はちょっとクラシカル。
gingyo-2.jpg
「目白でございます」というかんじの客層に、ちょっとビビる庶民2名。

本日は優雅に6000円のランチコースをオーダー。

アミューズ。
gingyo-3.jpg
黄色いのはパプリカだったかな?ちょっとスパイシーで夏らしい味。

前菜。
仏産 鴨のフォアグラソテーと新牛蒡のコンフィ マンゴーのカラメリーゼのマリアージュ。
gingyo-4.jpg
これが絶品! トロトロのフォアグラとマンゴーの甘み&酸味がたまらん。
このお皿のために再訪したいと思ったくらい気に入った。本日一番のヒット。

魚料理。
gingyo-5.jpg
まぁ、なんというか、標準レベルかな? 魚料理で感動することって、最近あんまりないもんね。

肉料理。
仏産 マグレキャナールのロースト・黒コショウ風味 
トリュフの入ったポテトのピュレ添え ソース コート・ド・ボー。(長いっ)
gingyo-6.jpg
しつこく鴨ばかり食べる女。(笑)
美味だったけど、フォアグラのインパクトがすごすぎて・・・・。

デザートはワゴンで。
ginkyo-wagon.jpg
スイーツを「見ること」には目がない私。このワゴンでテンションUP!!

だいぶお腹いっぱいなので、ちょっとずつカットしてもらう。
gingyo-8.jpg
それでも多いぞっ。

さすがに最後のプチフールは2人ともギブアップ。
生まれそうなお腹を抱えて、優雅なお店を後にしましたとさ。

しかし、このお店は土日やっているので、休日の優雅なランチにぴったりだ。
東京のわりにコストパフォーマンスがいいし、また来たいなぁ。



フランス料理 ぎんきょう Ginkgo

東京都新宿区下落合3-19-2
03-3950-9155
営業時間:11:30〜LO14:00 18:00〜LO21:00
定休日:水曜日
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tokiowalker.blog24.fc2.com/tb.php/120-aea75035
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。