上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1年以上前から行こう行こうと思いつつ、行けていなかった山の上ホテルの天ぷら屋さんにようやく行ってきた。
yamanoue-1.jpg
山の上」は数ある東京の天ぷら屋の中でも1,2を争うくらいの有名店。
六本木の東京ミッドタウンにも支店があるけど、「やっぱ山の上ホテルの方に行きたい!」とわざわざ休日に神保町へ。

予約してたけど、15分ほどロビーで待って入店。ほぼ満席でした。
yamanoue-2.jp<br />g

カウンターで揚げてもらう天ぷらなんて久しぶりだ!
yamanoue-3.jpg


お昼のコースは2種類なので、活海老と野菜中心コースと、ふつう海老と魚が中心コースに分かれてオーダー。シェアしまくりながら食べた。
yamanoue-4.jpg
さすがに活海老は美味いっ!! フワフワ穴子も最高。
野菜ではタマネギとアスパラが絶妙に美味。

江戸の天ぷらって、ごま油が強すぎて関西人的には「むぅ~~~」っと閉口してしまうことも多いんだけど、ここは全然イヤな重さがない。香ばしくてサクサクいける。

連れの頼んだコースの方にはトウモロコシのかき揚げがついていて、私のは普通のゴハンだったので・・・・
yamanoue-5.jpg

海老のかき揚げを追加しちゃった。
yamanoue-6.jpg
もー、これがプリプリで美味いのなんのって!

デザートも食べて、大満足で会計したら・・・・なんとあの海老かき揚げが2500円。

ご、ゴメン・・・・。


しかし、ほんとに山の上ホテルのゴハンは美味しいなぁ。
ここならいつでもカンヅメになるわ。



天ぷらと和食 山の上

東京都千代田区神田駿河台1-1 山の上ホテル本館 1F
03-3293-2311
営業時間 7:00~21:00
定休日:なし
スポンサーサイト
「愛玉子(オーギョーチィ)」に興味はあるけど、
昭和への免疫力が高くない人にお勧めしたいのが「近江屋洋菓子店」。

ここもかなーり昭和。
でも、扱ってるものが洋菓子なので、ぐっとハードルが下がる。

店構えはちょっと異質。
omiya-1.jpg
実に大づくりで、さびれたオフィスビルのような外観。
やけに高い天井。
洋菓子屋とは思えないシックな色使い。
装飾性を一切排したインテリア。
およそ、私たちが「洋菓子屋」に期待する「甘さ」が全く感じられない。

ショートケーキやシュークリームなど、これでもかというほどスタンダードなラインアップ。
間違っても「マンゴーのなんちゃら」や「フランボワーズなんちゃらショコラ」的なケーキなどない。
でも、これが実に安定していてイケてる。
ショートケーキやなんかも、一見しつこそうに見えるけど、自然な甘さで美味しいのです。
omiya-3.jpg
あんまりお腹はすいてなかったので、シュークリームを半分こ。

こちら、イートインもできるんですが、これがまた魅力。
525円のカップ(上の写真の右)を買うと、コーヒー、紅茶、ホットチョコレート、ジュースが飲み放題。
omiya-2.jpg
なんとボルシチまであるので、パンのひとつも買ってイートインすれば、立派なランチになってしまう。

すごい店やーと感動しきりでした。

ところで、店内のカウンター席に座ってた私たちの、ちょうど目の前にジューサーが置いてあったのですよ。しばらくすると店の人がグレープジュースを作り始めたので、「へー、やっぱちゃんと生絞りジュースなんだぁー」と感心していると・・・ブシュッ、グチャッ、ビシャッと容赦なくグレープフルーツの果汁や果肉が飛んできた。 
アノ席は要注意だ。



近江屋洋菓子店 神田店

千代田区神田淡路町2-4
03-3251-1088
営業時間:•月~土 9:00~19:00  日祭日 10:00~17:30
定休日:無休
★ちょっとグロいネタです。苦手な方はスルーしてね。

museo-meidai.jpg
明治大学博物館は、とても面白い。

明大の歴史がわかったり、
museo-meidai1.jpg
※右下は古賀政男のギター。

埴輪や青銅器が見れたりするから面白い・・・・
museo-meidai2.jpg

・・・・わけはなくて、中世ヨーロッパや日本の江戸時代の刑事に関連した展示が面白い。

わかりやすく言うと、死刑&拷問道具の殿堂なのです。


個人撮影OKなので、写真つきでお届け! 
うーん、我ながら「目白でフレンチ」の次に書くにふさわしいネタだ。

とりあえず、ソフトなところから・・・・

江戸時代の十手。 
jitte.jpg
※写真は全てサムネイルにしています。クリックで拡大できますが、暗くてブレてるのも多いです。
カッコイイ。

膝の上に石を乗せる拷問方法の紹介。
edo-goumon.jpg
早くもヘビーになりつつありますが、このへんは映画やドラマでもたまに出てくるよね。

火あぶりの刑。
hiaburi.jpg

他にも斬首刑やさらし首の台なんかが置いてあって、しかもご丁寧にも当時の絵が展示されてあるので、ものすごく想像力を働かせやすい。

続いて中世ヨーロッパの貞操帯。
teisotai.jpg
十字軍の遠征に参加した兵士が妻に不貞を働かせないように装着させた・・・というが、真偽のほどは不明。
いずれにせよ、賢い妻たちはちゃーんと合鍵を作っていて、鍵屋さんが繁盛したとか。

絞首刑台。
koushukei.jpg
なんか、簡単な器具ほど怖いね。

あまりに有名な処刑具、ギロチン。
guillotine.jpg
残虐なイメージがあるギロチンですが、実は人道的な処刑器具として開発されたらしい。
なんでも、当時の斬首刑は人間が首を切っていたので、力が足りなかったり、刃をあてる場所を間違うと、死刑執行にものすごーーーく時間がかかってしまい、死刑囚の苦痛があまりに大きいから、確実に一発で執行できるギロチンが生まれたとのこと。
なるほど、確かに人道的だ。 ・・・・って、書いてるだけで痛いっちゅーねんっ!!!!

そして、こちらが当博物館の主役、アイアンメイデンでござる!
ironmeiden.jpg 「アイアンメイデンって何?」って人は こちら
いやー、これはちょっとテンション上がりました。なんたって日本に1体、ここにしかないらしい。
よく見るとお顔がとてもキュートで、ちょっと丸みを帯びたシルエットも愛嬌がある。

頼むと学芸員?のような人がガイドしてくれるんだけど、「血が下から流れ出るんです・・・・」とか、そりゃあもう嬉々として語っておられた。

でも、拷問器具としての実用性には乏しいなというのが、実物を見た正直な感想。
第一、あまりに汎用性がないデザインだと思いませんか?
アタシなら絶対ただの棺桶型にすると思う。(んなこと考えなくていいって?)


一応、ミュージアムショップもどきもあって、土偶や十手、アイアンメイデンをモチーフにしたグッズが売ってます。アイアンメイデンTシャツを買おうか迷ったけど、年齢を考慮して自粛しました。
ippitsusen.jpg
代わりに?一筆箋を買ってみた。


好奇心や下世話な欲望を満たせることうけあいです。

明大博物館のサイトにある「徳川幕府刑事図譜」もなかなか圧巻で面白い。



明治大学博物館

千代田区神田駿河台1-1 アカデミーコモン地階
03-3296-4448 
開館時間:10:00~17:00
休館日:HPにて確認
入館料:無料
最近、どうもPhotoshopの調子が悪くって更新が進みません。

・・・・というのは6割くらい言い訳で、中だるみしてます。(笑)
かなり旬なネタもカビが生えた頃に更新するかもしれませんが、ご容赦を。
ま、ボチボチやってこーっと。


デザイン・印刷業界で高級紙、特殊紙と言えば竹尾の紙。

みんな知ってるけど、なかなか使えないというのが実情。
やっぱDMとパッケージが主流でしょうな。

その竹尾のショールーム「見本帖本店」は素人が行っても楽しい。
takeo-1.jpg
真っ白な店内はラボっぽくてグッド。
超アナログなものを売っているというのに、ハイテクな匂いがただよう。

お買い物の仕方、実は明快。
takeo2.jpg
見本の紙がダーーーッと並んでいるので、それを持ってレジに行ってサイズと枚数を指定するだけ。
後はスタッフが壁一面の引き出しから目当ての紙を集めてくれます。


本日の収穫は「クロマティコ」という半透明の紙ででけた封筒。1枚84円。
プライバシーのかけらもないような手紙しか送らないので、半透明大歓迎!(笑)
あとはA4の紙を何枚か、だいたい30円~。
takeo-papers.jpg

子会社がやってるオンラインショップもあるのですが、質感や色のかんじがモニタではわからないし、店自体が楽しいので好きな人は店に行くことをおすすめします。
ここ神田の本店のほかに、青山と大阪に店があります。

あと、竹尾のオリジナル文具"Dresco"もかなりカッコイイっす。
高級感ありありで、シンプルなのに個性的なので、目上の人に礼状とか送るときによさそう。
(私にはそんな機会はほぼナイですが)



竹尾 見本帖本店

東京都千代田区神田錦町3-18-3
3292-3631
営業時間:10:00~19:00 
定休日:土日祝
昨日の「マンダラ」と大違いなのが、神田小川町の「ムガール・マハール」。

店内は小ぎれいだけどカジュアル。テレビが吊ってあるし。
スタッフもオバサマが中心で、なんとなく安心できる。
maha-1.jpg

ここは他のインド料理屋と比べてサラリーマン比率が高い。
しかも、4人、5人と団体で押し寄せてきている。

それは店の雰囲気のせいもあるけど、たぶん「安さ」「ナンお代わりし放題」が最大の理由だろう。

ほとんどの人がオーダーするのがAセット。カレーは日替わりで4種類から選べる。
こちらフィッシュカレー。
mahal-4.jpg

サグチキンカレー。
mahal-2.jpg

カレーのお味もまずまず。
辛さ調節がホットペッパーぶち込む系なのは、最近どこも同じだから仕方なしか。。。

このAセットが通常価格で880円。
でも、必ず会計のときに100円引きのクーポンをくれるので、2回目以降は780円。
これなら、関西人的にもじゅうぶんOKなコスパ。

さらにナンが食べ放題とくれば、サラリーマンの皆様が押し寄せるのも頷ける。
私も、もう何度リピートしたことか・・・。
ランチタイムはかなり混むけど、サラリーマン客が多いので回転もよし。

ありがた~~いインド料理屋。



ムガール・マハール (MUGAL MAHAL)

東京都千代田区神田小川町3-9-4 シーフォースビル B1F
03-3219-7731
営業時間:[月~金]11:30~15:00 17:00~22:00 [土]11:30~15:00
定休日:日曜・祝日
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。